会計事務所の代行業

会計事務所や税理士事務所の行う会社設立の代行業務は主に税理士が行っていることがほとんどです。実際に代行サービスで一番運営が多いのが税理士になります。会計事務所等で代行サービスを委託する場合、税務の相談をしながら設立を進めることができます。設立前では助成金や補助金などの情報やノウハウを教えてくれたり、創業融資に必要な事業計画届など作成のサポートを受けたり、資本金や給与の決め方など税務や経理の専門知識でアドバイスがもらえます

申請の手続きに関しても司法書士や行政書士と提携しているのでワンストップでスムーズに手続きに入っていけます。税理士の場合、顧問契約とセットになっていることが多いので会社設立後も経理業務を任せることもでき、決算や申告時のサポート、資金繰りや納税額の予測、節税対策など具体的なアドバイスも継続して受けられるメリットがあります。

司法書士や行政書士ではできない税務に関する具体的な相談に対しても個別にアドバイスを受けることができます。司法書士や行政書士は税法によって伝えられる範囲が限られているので一般論的な回答しかしてもらえません。したがって設立時や設立後の資金面での不安なども具体的なアドバイスをしてもらうことができます。経営を成功させる第一歩として会社設立の代行サービスも上手く活用することも大事なことです。

会社設立の代行業務

一連の手続きを自分で行うことも可能ですが全面的に代行してくれるサービスがあります。多少の費用はかかりますが一人で行うのと4〜6万程度の違いなので時間と労力を考えれば代行サービスを活用することで負担は軽減できます。会社設立の書類の申請や提出は主に司法書士や行政書士の仕事になりますが、代行サービスとしてはそれ以外に会計事務所や税理士事務所の税理士、一般企業、インターネットでの設立代行などがあります。

代行サービスは基本全ての手続きを請け負ってもらえますが、証明書の取得や資本金の振り込み、銀行口座の開設など自分で動かないといけないこともあります。ただし必要最低限のこと以外は代行サービスが行ってくれます

会社設立に必要な書類を提出したり許認可が必要な事業に対する許可申請などは司法書士や行政書士の業務となります。ただし税務に対する相談は税法によって定められていて具体的なアドバイスはできず一般的な内容でしか対応できないということになります(税務のことが詳しくない)。

一般企業が行う代行サービスは主にコンサルタントが運営していることが多いので親切丁寧な対応でコンサルティングまで行ってくれます。ただ、手続きに関しては専門家ではないので業務は全て司法書士や行政書士に委託になります。インターネットでの代行サービスは必要な書類の入手や定款の作成、登記がオンラインででき、オンライン上で司法書士がサポート、対応をしてくれます。比較的手数料も安く抑えることができます。ただし、質問や相談のやり取りはすべてメールなので返事に時間がかかったり、税金などの具体的なアドバイスが受けられないということもあります。